悩みタイトル

指の付け根が痛い
手首が痛い
手を握ったり開いたりが引っかかる
急な痛みや腫れが出てきた
手を使う動作が多いと痛みが出る
最近パソコン作業が多い
指を使うことが増えた、動かすと痛みが出る
などの症状、お悩みなどはありませんか?上記のいずれかの状態に当てはまるあなたはもしかするとそれは”腱鞘炎”と呼ばれる怪我の可能性があります。
当院では腱鞘炎に対する治療も行っているので痛みを感じたら”大丈夫”と放ってはおかず重症化する前に早めの治療を行うことをオススメします。

腱鞘炎に対する当院の考え

腱鞘炎とは、指を動かす際に重要な役割を果たす”腱鞘”に炎症が起こり
指や手首に強い痛みや熱感、腫脹を引き起こした症状のことをいいます。

腱鞘とは腱の通り道で、トンネル状になっており、その中を腱が動くことで、指や手首を筋肉と一緒に動かしています。
本来であれば腱と腱鞘が擦れ合うことは少ないため
痛みを感じることはほとんどありません。
しかし、指や手首を酷使したり、早く動かすことが多いと、腱と腱鞘が擦れ合う回数が多くなり
擦れ合う回数が多いほど炎症を起こしやすくなり
腱が太くなり、腱鞘のトンネルは狭くなっていきます。
この際に痛みが発生している状態を腱鞘炎と言います。

主な原因としては
長時間の指や手首の酷使です。
パソコン作業、スマホ操作、文字を書く、家事など様々な動作が当てはまります。
日々の生活の中で負担が蓄積されていることが多いです。

腱鞘炎を放っておくとどうなるか

腱鞘炎は症状によって
大きく2種類に分けることができます。

1つ目は”バネ指”
手のひら側の親指、人差し指、中指などの付け根に痛みが生じ
指の曲げ伸ばしにばねのような引っかかりを感じるパターンです。
指の曲げ伸ばしをする働きの「屈筋腱」と腱鞘との間で炎症を起こしてしまい発生します。

腱鞘の中で腱がスムーズに動くことができなくなり
悪化することで”指が動かなくなっていく”のが特徴です。

2つ目は”ド・ケルバン病”
親指側の手首に痛みが生じ
親指を動かすと特に痛みが強くなるパターンです。

親指と手首を繋ぐ2本の腱とその2本を覆う腱鞘との間で炎症を起こしてしまい発生します。
親指側の手首が腫れ、痛みが生じ
症状が悪化することで手に力が入らなくなってしまうのが特徴です。

ですので
腱鞘炎(バネ指、ド・ケルバン病)は放っておくと
日常生活に大きな支障を引き起こしてしまうので
早めに治療を行うことをオススメします。

腱鞘炎の軽減方法

指や手首の腱鞘炎は、使いすぎによって起こります。
逆に言うと、手や指をあまり使わず安静にしておくと腱鞘炎を防ぐことが出来るということです。
パソコン作業やスマホ、ゲームなどの使用は気付けば3、4時間経っているようなことは少なくありません。
改善するには、1〜2時間に一度は休憩をして、指や手を休ませ
このようにこまめに休ませることが事前の予防に繋がっていきます。
ストレッチやマッサージなどで血流を良くし、筋肉にかかる負担を軽減させます。
また痛みの緩和や動きが良くなることもあり
よく使ったあとや作業の合間などで行うことは効果的であると言えます。
また指や手首に違和感や張り感などを感じたら、早めに冷シップやアイシングをしましょう。
冷やすことで炎症を抑えることができるので
症状の悪化を防ぐことができます。
すでに痛みが続いている場合には
反対にお湯で温めると血行が改善され、筋肉が緩むことによって
楽になることもあります。
どちらの場合であっても
放置はせず、きちんとケアをしていくことで、これ以上の悪化を防ぐということが大切です。

腱鞘炎に対する当院の施術メニュー

当院では、腱鞘炎に対する治療として主に
・痛みの出ている部分、周囲へのアプローチを行う
「手技療法(マッサージ)」
「鍼灸治療」
・原因、身体の根本へのアプローチを行う
「骨格矯正」
この3点の施術を行い症状の改善をはかっています。

まずは原因を探るため検査を行い、治療のポイントを探していきます。

まず手技療法で負担のかかっている筋肉をほぐし
筋肉の硬さを取っていきます。
鍼灸治療では、手技療法では触れることのできない深部の筋肉に対してアプローチを行い、さらに筋肉の負担を軽減させることで痛みを取ります。
この2点の治療で痛みのある部位や周囲にアプローチを行います。

次に原因部分へのアプローチ、骨格や身体の使い方への施術を行います。
痛みの部位だけへのアプローチだとその場は楽になるかもしれませんが
同じような身体の使い方やバランスの悪さが残っていると
また同じ痛みが再発してしまいます。
根本から改善するために全身の骨格の歪みを治し
症状を改善しつつ、負担がかかりにくい、再発しない身体作りを目指す治療を行います。

当院で1番大事にしていることは、症状が治ることではなく、再発しない、痛みが出ない身体を作ることです。

施術頻度はどのくらいか

痛みがあるうちは出来る限りつめて通院をお願いしています。そうすることで痛みの緩和が早く、症状が落ち着きやすいので最初はつめての通院をお願いします。
また根本的(症状が出にくい身体を作りたい)にお身体を解決していくのであれば6ヶ月が目安です。
なぜなら身体の歪みやお身体の使い方を正し、負担をかけにくいお身体にするには時間がかかるからです。
それは正しい位置に治しても、脳と身体が以前の状態や使い方が正しいと思い込んでしまっているからです。
脳と身体に正しい位置を使い方を覚えさせ、記憶させるのに
最低でも”6ヶ月”ほど期間が必要になります。
そうすることで症状の改善だけでなく、再発の予防にまで繋げることができるのです。